新海誠「海外では日本のアニメは宮崎さんとそれ以外という見え方をしていると思う」 海外の反応

シェアする

f:id:anihon:20161223223846p:plain

——「次世代の宮崎駿」として早くから海外でも注目を集めていらっしゃいます。
僕のデビューは2002年、下北沢のミニシアター、トリウッドで公開した『ほしのこえ』です。25分の個人制作作品ですが、海外でもDVDが発売されました。また最初に海外に呼ばれたのは、米国サンディエゴのコミコンだったと思います。それ以降、1作出すごとに、数カ国でのイベントに招待されるようになりました。海外では10年ぐらい前から“New Miyazaki” とか、次世代の作家と呼ばれたりしていますが、それは、海外では、日本のアニメーション映画は宮崎さんとそれ以外という見え方をしているからでしょう。

www.nippon.com

Makoto Shinkai: “I think… people in other countries think of Japanese animation as being just Miyazaki–san and then everybody else.”

不明
まあ、世界中がアメリカのアニメーションと言えばディズニーだけだと思っていたのと同じだろう。

不明
「人気のあるアニメ」という共通項でしか見られておらず、常に宮崎と比較され続けた結果の結論じゃないか?

 ↑ 男性 アメリカ マサチューセッツ州
 日本のメディアの責任もあると思うよ。

  ↑ 男性 24歳 オーストラリア シドニー
  それは仕方がない。日本のアニメ市場は非常に小さく、売り上げは平均で数千ぐらいのニッチ産業だから。日本のアニメ映画は暫く宮崎とジブリの作品によって支配されていた。

  ↑ 不明
  売り上げが180億円の業界が小さいだって?

不明
確かに西洋のオタク以外の西洋人は、アニメ映画と聞くとジブリと宮崎だけを知っていると思う。宮崎は社会的に唯一受け入れられるただ1人のアニメ監督のようなものだ。これはウォルト・ディズニーやジョン・ラセターなど、他のアニメーションスタジオでも同じことが言えると思う。

不明
西洋人は三種類のアニメしか知らないからな。千と千尋の神隠し、ドラゴンボールZ、そして変態。

 ↑ 不明
 ポケモンとセーラームーンも追加な。

  ↑ 不明
  自分の知っている多くの人々はポケモンを日本のアニメだと知っていないぞ。それは徹底してローカライズ(例えばおにぎりをサンドイッチに変更するなど・・・)されているのもあるし、テーマソングを変えているのもあるが。

   ↑ 不明
   俺なんて高校に通うまでポケモンがアニメだと気づいてなかったからな。

   ↑ 不明
   任天堂が日本の企業だと知らない奴らもいるという事実・・・。

不明
西洋の一般人が日本のアニメについて考える時、「多分ドラゴンボールZと関係あるんじゃないか?」と考えてると確信してる。

男性
まさにさっき君の名は。を見た自分の考えだ。
宮崎と新海を比較するのはよろしくない。なぜなら彼らの作風は似て非なるものだから。
「宮崎」という単語は宮崎以外を知らない人々へ宣伝するための一種の流行語にすぎないんじゃないか?

シェアする

フォローする

関連記事