幼女戦記 第2話「プロローグ」海外の反応

シェアする

f:id:anihon:20170114064502j:plain

Prologue

Crunchyroll、MyanimeList、AnimeSuki、reddit、4chanから引用

不明
やっと本当のプロローグが来て嬉しい。

f:id:anihon:20161127032809p:plain 男性 21歳 コロンビア
最初の5分はクランチロールが間違ったアニメをアップしてるんじゃないかと思ったよ。しかしナチに生まれ変わった現代の男はかなりクールだな。

f:id:anihon:20170114061731j:plain

不明
シカゴ学派のミルトン・フリードマンの本

f:id:anihon:20170114055958j:plain

 ↑ f:id:anihon:20161120134141p:plain ドイツ
 興味深いことに実際にフリードマンの名前を出すのではなく、「ハイジョブ・ジョーン」(Hijob John?High Job Joan?)と書いてるね。二番目に書かれている「北原千重」は本当の翻訳者の西山千明をモデルにしていると思うから多分パロディーだと思うけど。しかしなんでそんな名前にしたかはわからない。

男性 21歳
出だしがいいね。
大変そうだが、スタジオNUTななんとかかんとか作れてる。演出はいいが、ストーリーはどうかな?

 ↑ 不明
 出だしは良かったね。少なくとも漫画の代わりの演出には違いないんだが、結構好きだ。

  ↑ f:id:anihon:20161120134141p:plain 男性 ドイツ
  神が顔を持っておらず人を媒体にして話すのはかなり自然だと感じた。明確で分かりやすい存在をなしにね。

  f:id:anihon:20170114055751j:plain

   ↑ 不明
   あと本当に彼らが神であるかどうかを曖昧なままにしておくのも良いね。人間が彼らを信仰していないこと、そして転生をコントロールしているということだけが明示された。

不明
このエピソードから得られること:
神を怒らす方法

不明
何か見つけた。これは関係しているということなのかな?

f:id:anihon:20170114054521j:plain

 ↑ 不明
 オーバーロードと幼女戦記はどちらもカドカワから出版されているからね。

f:id:anihon:20170114064328p:plain 男性 ギリシャ
まさにクレイジーだ。彼女があの声で「ウジ虫ども」と兵士に行っていたときはめっちゃ笑った。ターニャはサイコだな。

f:id:anihon:20170114063849j:plain

不明
本当にあの狂った目が大好きだ。

不明
守りたい

f:id:anihon:20170114060607p:plain

この笑顔。

f:id:anihon:20170114060615p:plain

 ↑ 不明
 俺達が彼女を守ろうとして起こる問題として、俺らが彼女から守られないということだな。

不明
猟奇的な幼女は楽しい。

f:id:anihon:20170114061400j:plain

f:id:anihon:20170114061401j:plain

 ↑ f:id:anihon:20170114064407p:plain 男性 スウェーデン
 むしろ全ての幼女は楽しい。

  ↑ f:id:anihon:20161121124506p:plain 男性 オーストラリア
 
  f:id:anihon:20170114061551g:plain

男性
第一話の後の俺「なんなんだこのゴミみたいなニジウラセブンは?」
今考えてること「くっそ、よくやったNUT」

不明
スタッフロールの後は絶対見逃すなよ。

f:id:anihon:20170114063314j:plain

 ↑ 不明
 マジありがとう。 

不明
守りたい笑顔。

f:id:anihon:20170114060924j:plain

 ↑ 不明
 直しておいてやる。「この笑顔から保護されたい」

不明
正直第一話よりもずっと面白かったよ。これを一話にすればよかったはずだ。

 ↑ 不明
 これは「イン・メディアス・レス」と言われる手法だよ。いきなり物語の真ん中に放り込み、そして開始地点に戻すというね。

不明
正直、このスタジオには全く期待していなかったと言わざるをえない。しかしいままでの2話は素晴らしかった。
まだちょっとキャラの目には慣れる必要があるが些細な事だ。
そもそもドイツ目線のWW1ものは殆ど見ないからな。楽しみだ。

不明
第一話はそこまでだったが、このエピソードは実際かなり面白かった。

不明
かなり面白かった。まさかターニャの中身が日本人の男だとは気づかなかった。

シェアする

フォローする

関連記事

『幼女戦記 第2話「プロローグ」海外の反応』へのコメント

  1. 名前:a 投稿日:2017/01/14(土) 11:59:09 ID:7bb332bb1 返信

    空中スキーワロタ

  2. 名前:  投稿日:2017/01/14(土) 15:51:53 ID:9b68b6916 返信

    空中に描かれるシュプール、陰惨な戦闘場面、顔芸、
    どうみてもニジウラセブンです。

  3. 名前:名無し 投稿日:2017/01/15(日) 09:15:07 ID:5d4d27edc 返信

    >興味深いことに実際にフリードマンの名前を出すのではなく、「ハイジョブ・ジョーン」(中略)しかしなんでそんな名前にしたかはわからない。
    角川は他社の本の宣伝なんかしたくないんだよ
    フリードマンも角川から本を出していればオバロみたいにちゃんと名前出してもらえたろうにな

  4. 名前:ななし 投稿日:2017/01/15(日) 20:24:44 ID:9dfee23c7 返信

    転生はしたけど、記憶は引き継いでいるんだな。

  5. 名前:774 投稿日:2017/01/17(火) 18:40:52 ID:f1315fcb8 返信

    信仰してほしけりゃ見返りをくれ神よ
    記憶の残らない輪廻転生とかいらねえから

  6. 名前:663 投稿日:2017/01/17(火) 18:50:12 ID:c0accc7bc 返信

    存在X「じゃあやるよ」
    エレニウム95式魔導宝珠(呪い付き)

  7. 名前:かぉかぉ 投稿日:2017/01/21(土) 09:43:56 ID:ae27d3a03 返信

    オーバーロードのTVアニメは2015年放送なのに
    2013年にオーバーロード劇場版の広告が出ている件

  8. 名前:名無しさん 投稿日:2017/02/05(日) 17:23:00 ID:56566fc01 返信

    これは一次大戦のドイツに、もし日本人(KAMIKAZE)が混じってたらってIfモノだよな

  9. 名前:非実在x 投稿日:2017/02/27(月) 06:33:32 ID:9aa19bf0e 返信

    シカゴ学派のミルトン・フリードマン「選択の自由」
    架空の作者名のハイジョブ・ジョーンか
    上級職のジョーンってこと?
    それとも労働市場についても書かれているからハイジョブって名前にしたのかな?