読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あにほん

アニメやその他海外の反応や感想について翻訳していくサイトです。

海外の反応「3月のライオン」第15話 「月明/自我のカタマリ」

2016年秋アニメ 2016年秋アニメ-3月のライオン

f:id:anihon:20170129141622j:plain

Moonlight / Lump of Ego

Crunchyroll、MyanimeList、AnimeSuki、reddit、4chanから引用


不明
このアニメが香子の脅迫関連を表現する仕方は驚異的だな。
それにしても将棋はこんなに長く対局するのか?自分はチェスを3時間ほどしても疲れたが、彼らは2日連続で11時間していたぞ。

f:id:anihon:20170129134322j:plain


 ↑ f:id:anihon:20170102143810p:plain 男性 ブラジル パライバ州
 将棋はチェスよりもかなり複雑だから時間が長くなる可能性があるんだと思う。


f:id:anihon:20170129141402p:plain 男性 タイ
香子のバックグラウンドストーリーをみるととても壊れやすく見えてなぜ彼女がそのように行動するかが理解できるな。
零、君に責任はないよ :[


f:id:anihon:20161125002821p:plain 男性 51歳 アメリカ
零と香子のオープニングシーン。零は香子をひびの入ったグラスと表現していたな。まさに一流だ。


男性 20歳
このアニメは本当に芸術的で素晴らしい。特に香子のシーンの影と照明の使いかた。


不明
漫画を読んでから暫く経っているがこのアニメの最初の「月明」をどれだけ愛していたかを思い出した。香子が香子自身と零をどう見ているかということを見れるのはこのエピソードが初めてだ。彼女は将棋に対してかなりのコンプレックスを抱えている上に、自分自身の人生が支配されたくないから将棋を嫌っている。しかし、将棋は自分が存在できる場所のように感じているために必死になってくっついている。

彼女が零と後藤に固執しているのはその欲望の徴候だ。そして彼女は家族と家族の行動を軽蔑している(もちろん零も含まれる)。彼女は自己憐憫で自己満足したい哀れな女性なんだ。それがまさに彼女を素晴らしいキャラクターにしている一因なんだよ。

一方、視聴者の私たちは零が香子をどう見ているかも知っている。過去に起きたような事にもかかわらず、零は本当に香子のことを心配している。零は香子の言動で傷ついているが、それにもめげずに彼女を守りたいと思っている。それは香子が今のようになってしまったことの責任を零が感じているということもあると思う。


不明
日本の学校制度について詳しい人いる?もし零がテストで平均以上の点数を取れば欠席したことは許されて留年せずに済むのかな?

f:id:anihon:20170129135101j:plain


不明
林田先生は粗雑で格好良くないけど、零と先生のはやり取りをみているのが本当に大好きだ。


不明
零について心配しているひかりは可愛かった。


 ↑ 不明
アニメ間違えてるぞ。


f:id:anihon:20161125002821p:plain 男性 アメリカ フロリダ州
将棋は11時間かかるのか、めっちゃ長いな。対局前の後藤と島田のにらみ合いは面白かったよ。

f:id:anihon:20170129135502j:plain


不明
このエピソードの音楽は信じられないほど良かったよ。


不明
『仕事でかいた恥は仕事で取り返すほかねーからな』
本当にこういうありふれた言葉だが胸に響く言葉は大好きだ。

f:id:anihon:20170129140437j:plain


f:id:anihon:20161224070403g:plain 男性 インド
素晴らしいエピソードだった。将棋のルールは全然理解していないけどみていて楽しい。
島田は登場するたびに好きになっていく。特に対局前の煽り合いは面白かった。

f:id:anihon:20170129141032j:plain


男性
後藤は本当に漢というキャラだな。恐らくこのアニメ中で最も複雑なキャラクターの一人だ。


不明
後藤が強すぎて零の将棋での優位性がなくなってきたな。零が後藤をどのように打ち負かすか興味がある。