読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あにほん

アニメやその他海外の反応や感想について翻訳していくサイトです。

海外の反応「幼女戦記」第5話 「はじまりの大隊」

2017年冬アニメ 2017年冬アニメ-幼女戦記

f:id:anihon:20170204094840j:plain

Youjo Senki, Episode 5: My First Battalion

Crunchyroll、MyanimeList、AnimeSuki、reddit、4chanから引用


男性
Haha、ヴィーシャが何が起こるか分かる前に穴を掘っていたのは素晴らしい。彼女はターニャをよく知っているようだ。


不明
さてどうやってヴィーシャを愛せば良いのかと考え倦ねていたら、何が起こるかを知る前に彼女は穴を掘っていた。

f:id:anihon:20170204080338j:plain


 ↑ f:id:anihon:20170119081846p:plain 男性 シンガポール
 自分も何が起こっているか理解するのに暫く時間がかかった。もしそこに自分が居たらポケっと立ち尽くしている内の1人だっただろうな。
 誰もヴィーシャが掘った穴に飛び込もうとしなかったのは驚きだ。自分なら飛び込んだね。


 ↑ 不明
 塹壕戦ルールその1 : 地面の穴はあらゆる状況において君の友達だ。


不明
ちゃんとした砲弾が混じっているのに良く最初に死ななかったな。

f:id:anihon:20170204091758j:plain


 ↑ 男性
 魔術の盾みたいので防げたんじゃないか。


f:id:anihon:20161125002821p:plain 男性 21歳 アメリカ ミズーリ州
何が好きなのかよくわからないがこのエピソードは面白かった。ところで、ターニャの狂った訓練は実際に機能しているようだ、今ではターニャは未来的な戦術を使ってチート並に勝ってるし。

f:id:anihon:20170204084813j:plain


 ↑ 不明
 まあ実際は失敗したんだけどね。ターニャは兵士を訓練で全員落とそうと考えていたみたいだし。


 ↑ 不明
 ターニャは戦争映画を一つも見たことがないようだな。自分が今まで見てきた中の教官が厳しい軍事的な映画は、訓練後には兵士がより強く忠誠を誓うようになっていくのが大半だったぞ。


不明
ターニャが成功しながら失敗していくのが大好きだ。


不明
幼女声で聞くハートマン軍曹の卒業演説は素晴らしい。

f:id:anihon:20170204085753j:plain


不明
ターニャは95式を使うのにいちいち祈らないといけないが、彼女の他の兵士がもつ97式は祈らなくてもちゃんと撃てているようだ。ターニャが97式にアップグレードすればもう祈らなくてもいいのでは?


 ↑ 不明
 恐らく数字は単純なアップグレードを示しているわけではないと思う。95式はターニャ以外扱えず、他のモデルは95式を複製したものなんだろう。依然として95式は強力な遺物として存在するが、「後の」モデルはわずかに異なる技術に基づいているんだろう。この仮説に俺の2セント賭ける。


 ↑ 不明
 多分:
 95式は強力でユニークだが、存在Xの介入のお陰でターニャだけがそれを扱える。
 97式は95式のダウングレード版だが、一般の部隊がもつ武器よりは優れている。


不明
まるでHoi4の軍隊とEU4の軍隊の戦いみたいだな・・・。

f:id:anihon:20170204084848j:plain


不明
ダキアの司令官は遅れていたな。例え高校生であっても統制射撃のときに一か所に固まってはいけないことを知っている。集まった標的は分散した標的よりも簡単に捉えられる。


 ↑ 不明
 ああ、ライフルでの対空射撃は真剣におこなわれた。世界大戦の前の航空機は主に偵察のためだったんだ。これは非難できない、なぜなら俺達の歴史でも同じことがおこなわれたから。フランスが世界大戦の初期に同じ過ちを犯した。


f:id:anihon:20170204094955p:plain 男性 パキスタン
ダキア、一体何をしていたんだ。60万人もいて約2人によって文字通り消滅したなんて。


不明
ターニャは文字通りWW1のヒトラーになろうとしているんじゃないか?


不明
『ビザはお持ちですか?』

理由は分からないが面白いな。

f:id:anihon:20170204080612j:plain


 ↑ 不明
 ドナルド・トランプの先祖が実際に10歳のドイツ人の女の子だったことを考えると面白い。


不明
ビザの有無を聞いているシーンで笑い死んだ。悠木碧のターニャ声は素晴らしい。そろそろ強大な敵と出会いそうな気がする。


不明
ちょっとルーマニア弱すぎないか?魔道士や砲兵が全く居ないのか?

f:id:anihon:20170204093715j:plain


 ↑ 不明
 ダキアは弱い。なぜなら現実の歴史と同じように第一次世界大戦までにすべての国の科学技術が同じように進歩していたわけではないから。ターニャが言及していたように彼らは前世紀に生きていて、更に軍の大部分を占めていたので何もできなかった。彼らの軍は本質的に帝国軍に比べて劣っていたんだよ。


  ↑ f:id:anihon:20170204095026p:plain 不明 フランス
  ダキアは私達の世界のルーマニアだが、ダキアは直接的にルーマニアを表しているわけではなく、第一次世界大戦中のオーストリアやハンガリーの無能さを表していると思う。時代遅れの戦術、戦略、技術。



不明
可愛くない?恐れ入ったわ。

f:id:anihon:20170204103946p:plain


 ↑ f:id:anihon:20161224070403g:plain 男性 インド
 守りたくない、この笑顔。


不明
うっ!ドイツを再び偉大なドイツに蘇らせ、ヨーロッパを征服したいという願望が・・・。


不明
ターニャが小さな女の子の声で警告していた時、笑いすぎて死んだ。
しかし工場の人々は・・・。

f:id:anihon:20170204085250j:plain


f:id:anihon:20161120134141p:plain 男性 ドイツ
国際法の読み上げはまさに10点満点中10点。


男性 24歳
ターニャはまさに狂人だな。もうキャラデザについては怒っていない。悠木碧は超凄い。


不明
Tamayaってなんだろう?ドイツ語?日本語?わからない。


 ↑ 不明
 花火が打ち上げられたときに叫ぶ日本語だ。たしか江戸時代の古い花火職人に基づいていると聞く。


不明
何かとんでもないことが起きるかと思ったが特に何も起こらなかったな。


 ↑ 不明
 自分も「敵を過小評価していると痛い目にあう」みたいなことになるかと思っていたが、このエピソードは単純に技術の違いを示すエピソードだったな。このアニメは第一次世界大戦ぐらいだが、実際の第二次世界大戦後半でさえも依然としてポーランドは騎兵で戦車と戦っていたぐらいだ。

 「ある国はより良い剣を手に入れ、ある国はより良い盾を手に入れた。そしてある国は核兵器を手に入れる。戦場が公平であることはありえない」


不明
1話だけでルーマニアを征服したのか?

f:id:anihon:20170204085006j:plain


 ↑ 不明
 性格には1話の半分な。前半は訓練だったし。


  ↑ f:id:anihon:20170128161619p:plain 男性 イタリア
  征服される側のルーマニアも征服される訓練を受けていたんだろ。


不明
ダキアが罠じゃないかと思っていたが・・・。


 ↑ 不明
 忘れてはいけないのは1900年代初頭には専門の軍隊はなかったということ。ときには武装した一般人よりも遥かに組織化されていない組織が軍隊としての役割を果たしていたということ。


男性
可哀想なルーマニア人。彼らは自分の身に何が起こったのかすらわからない。


f:id:anihon:20170204095142p:plain 女性 ウルグアイ
信じられないほど面白かった!このアニメは今期1番のアニメのひとつだわ。とにかく次の金曜日はまだ?


f:id:anihon:20161210083610p:plain 男性 ロシア
最高のエピソードだった!TAMAYA!