読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あにほん

アニメやその他海外の反応や感想について翻訳していくサイトです。

海外の反応「リトルウィッチアカデミア」第6話「ポラリスの泉」

2017年冬アニメ 2017年冬アニメ-リトルウィッチアカデミア

f:id:anihon:20170213164229j:plain

Little Witch Academia Episode 6 "The Fountain of Polaris"

Crunchyroll、MyanimeList、AnimeSuki、reddit、4chanから引用


不明
映画ではアッコが大好きだったが、今ではマジで学んでくれと思ってる。

f:id:anihon:20170213163602j:plain


男性
俺は猫耳や犬耳、クマ耳は好きだけどネズミ耳は無理。あとキツネもキツイ。


男性
みんなの前で失敗して笑われるのをみるのは本当に心が痛くなるな。

f:id:anihon:20170213163614j:plain


f:id:anihon:20161125002821p:plain 男性 アメリカ テキサス州
なぜアッコは魔法をまともに使えないんだろう?彼女が魔法を使う血統でないことは教師も知っているだろう。たぶんこの2つのうちどっちかだろうな。

a) アッコは衛宮士郎タイプであり、特定のニッチな魔術以外使えない。
b) 子供の頃にちょっと使えたのが最後、アッコはマジで魔法が使えない。


 ↑ 男性
 シャイニーシャリオットのように派手で凄い魔法を使いたいが、基本的な魔法については勉強する気がないからだろう。だから彼女は基礎を飛び越えて簡単な方法を常に探している。


f:id:anihon:20161127032809p:plain 男性 21歳 コロンビア
初登場した2人の男はあまりにも悪い奴らだ。アンドリューは絶対にはチャンスがない。間違いない。

f:id:anihon:20170213160341j:plain


 ↑ 不明
 また百合厨vs非百合厨のバトルが始まってしまうのか。


f:id:anihon:20170122093926p:plain 男性 ニュージーランド
魔法は本当にこの世界では瀕死の伝統みたいなもんだな。後でストーリーに関わってきそう。魔法が楽しくて役に立つ技術だということをアッコは証明しないといけないようだが、その前にもっと腕を磨く必要があるな。

f:id:anihon:20170213160804j:plain


f:id:anihon:20161125002821p:plain 男性 アメリカ フロリダ州
ロバの耳を持ったアンドリューは面白かった。攻撃魔法として使えるんじゃないか?


男性 23歳
アンドリューはロバの耳と尻尾を手に入れた。これはTRIGGERからの意図的な示唆であって偶然じゃないことを祈ってる。日本語にもロバ=バカという意味があるかわからないけど。

f:id:anihon:20170213161511j:plain


不明
アンドリューを魔法を魔法にかけるのは簡単だったな。彼のキャラには深みがある。性格がダイアナに似ているのは興味深いが、最終的に仲良くなれたのはアッコだったな。


不明
彼は古いものに興味が無いのにラテン語は読めるのか・・・。

f:id:anihon:20170213152643j:plain


 ↑ f:id:anihon:20161125002821p:plain 男性 アメリカ マサチューセッツ州
 彼みたいな英才教育を受けたような人間はラテン語ぐらい読めるだろう。


  ↑ 女性
  ダイアナがもう殆ど魔法界では使われていないのに古代ドラゴン語を読めたのと同じだな。


男性
アッコははしごがないのに登れる。

f:id:anihon:20170213153804j:plain


 ↑ 男性
 TRIGGERは「スクービードゥーエフェクト」を使って強くなる。

 (注釈:スクービードゥーエフェクトの一例:
 f:id:anihon:20170213154042j:plain


不明
泉は素質がない魔女の前には現れないんだよね。アッコの前に出たということは彼女が特別だからということだと思う。しかしまだ準備ができていなかった。

f:id:anihon:20170213162350j:plain


f:id:anihon:20161118161717p:plain 男性 カナダ
シャリオットも過去にはアッコのようだったというのは良いな。


不明
アッコの向こう見ずなところにすべての人々は文句を言うが、シャイニーシャリオも最初の頃は向こう見ずだったようだ。
これがアッコをシャリオットに近づける第一歩だと思う。

f:id:anihon:20170213155602j:plain


 ↑ 不明
 ロングドッグは笑った。


f:id:anihon:20161125002821p:plain 男性 アメリカ ジョージア州
ついにアッコが成長しそうだ。まずは認めることが第一歩。これは間違いなくアッコが成長するきっかけになるはず。

f:id:anihon:20170213153435j:plain


不明
いままでで最高のエピソードだった。彼女が魔法アイテムを見つける旅にでるのではなく、自分自身の目標を達成するために努力する必要があるということをアッコは知ったと思う。


不明
アッコが学びまくって個性を失わないように願ってる。あとアンドリューモテすぎだろ。


不明
まだ知識が足りないが、標準的な21世紀の社会に住んでいても魔法が陳腐化するとは思えないんだよな。完全に機能する動物の器官を人に移植したり、物を他の物に変えたり、植物の生命を極端に加速させたりできる科学技術を見せてくれ。
現代の技術に対して役に立たないものではないと思う。コンスタンツェなんかは魔法を源として道具を動かしたりしているし。

f:id:anihon:20170213154605j:plain


 ↑ 男性
 自分はコンスタンツェが魔法を可能性を理解している唯一の人だと思う。
 ルーナノヴァのスタッフは非常に保守的で現代的な技術を恐れているんだろう。

f:id:anihon:20170213154822p:plain


 ↑ 不明
 確かにそう思った。魔法の薬なんかはかなり魅力的だ。


  ↑ 不明
  これはアニメだけじゃなく殆どのメディアで「科学vs魔法」の対立を書いている。実際には魔法が存在したら物理学者は必死でそれを知ろうとするだろうな。
  少なくとも教えることのできる魔法は研究や法則化ができることのできる魔法だ。勉強することの出来ない本物の奇跡のような「魔法」は別だけど。


不明
アンドリューのお父さんは将来障害となって現れそうだな。


f:id:anihon:20161121124506p:plain 男性 オーストラリア
俺はついにこのアニメのベストガールを見つけた。

f:id:anihon:20170213153024j:plain


 ↑ 不明
 随分デブだな。


 ↑ f:id:anihon:20161125002821p:plain 男性 アメリカ
 彼女は「今はダイアナとルーシーが人気だと思ってるでしょ?すぐに私のカルトなファンを大勢作ってやるんだから」という表情をしている。


不明
批判的な目でこのエピソードをみようとしていたけどかなり楽しかった。アッコがようやく成長する兆候を見せていて嬉しい。


不明
かなり面白いエピソードだった。アンドリューはなかなかの男だな。彼が「魔法は時代遅れ」という考えを改めてくれると良いが。