海外の反応「幼女戦記」第10話「勝利への道」

シェアする

f:id:anihon:20170318192901j:plain

あらすじ

第 10 話
その日、帝国の最高統帥会議にて、ゼートゥーアとルーデルドルフは高級官僚たちから叱責されていた。帝国軍はライン戦線右翼を大幅に後退し、すでに西方工業地帯までもが重砲の射程圏内に捉えられつつある状況であった。官僚たちは、このままでは軍部に不本意な政治的措置を講じる必要もあると戒めるが、そうした官僚勢の訓告に対しても、ゼートゥーアとルーデルドルフは全く動じることなく、静かに時を待っていた。同じ頃、ターニャを始めとする第二〇三航空魔導大隊の精鋭数名は、シューゲル技師の開発したV-1ロケットにて敵の防衛線を飛び越え、共和国のライン方面軍司令部に潜入。「衝撃と畏怖作戦」と名付けられた極秘計画が、着々と進行中であった。

脚本:猪原健太 絵コンテ:上村泰 / 谷口宏美 演出:小野田雄亮 
作画監督:後藤圭佑 / 重原克也 / 林あすか

STORY|TVアニメ「幼女戦記」公式サイト

関連Twitter

Youjo Senki Episode 10 “The Path to Victory”

不明
やはりターニャの悪い顔を見ないと一週間の締めくくりという感じがしない。素晴らしいエピソードだった。Total Warがやりたくなったよ。

不明 
軍事オタクとしてこういう戦術的勝利エピソードは大好物だ。
が、第一次世界大戦の時代でWW2の戦車を使用して圧倒してる時点で戦術的も何もないような?

f:id:anihon:20170318180640p:plain

 ↑ 不明
 間違いなくこのアニメの中では第一次世界大戦はもう通り過ぎている。

  ↑ 不明
  ドイツがIII号戦車を持っているのならば連合国側はM4中戦車ぐらい持ってないとおかしいと思う。むしろドイツだけが持っていて大勝利!展開はがっかりだから拮抗してくれることを祈ってる。

不明
まさに狂った戦術だ。
それにしてもターニャがまだ戦争を早く終わらせるという目標を持っているようで驚いた。彼女は完全に戦争狂になってしまったんじゃないかと薄々思ってたよ。

f:id:anihon:20170318192532j:plain

不明
実際に塹壕の下を掘って破壊するという戦術は第一次世界大戦で使われたからね。
有名なのはソンムの戦いで行われたもの。

男性
ナイスバクレツ。

f:id:anihon:20170318185322j:plain

f:id:anihon:20161118161717p:plain 男性 カナダ
III号戦車と火炎放射器兵が出てるとかこのバトルフィールド1(あるいはCiv)、ぶっ壊れてるな。

f:id:anihon:20170318175922j:plain

 ↑ 不明
 もうこれ・・・第一次世界大戦じゃないよな。完全に第二次世界大戦 vs 第一次世界大戦になってる。

不明
いきなりIII号戦車が出てきて驚いた。

不明
ついに機甲師団が出てきたか・・・!

f:id:anihon:20170318192721j:plain

 ↑ 不明
 技術的に歩兵を運送するための装甲車がないとおかしいな。それと単座戦闘機もまだ見てない。 

f:id:anihon:20161117125142j:plain 男性 イギリス
ああ、包囲戦・・・美しい。
自分がいっつもHoi4板に常駐しているという事実が今発揮されようとしている。

(注釈:Hoi4とはPCの歴史シミュレーションゲーム。第二次世界大戦を舞台としていてどの国でも操作でき軍事、外交、内政などが操作できる自由度の高いゲーム。管理人は200時間吸い取られました)

f:id:anihon:20170318180835j:plain

不明
III号戦車を作れる技術があるならば戦闘機も作れるだろうしそうなったら魔道士なんていらないんじゃないかな。あの速度じゃ一撃離脱で為す術もなくなりそうだよ。

不明
うーん、ターニャはグランツの為に復讐をするかな。彼女は部隊員に対してある程度の感情を持っているようだけど。

f:id:anihon:20170318190654j:plain

不明
ターニャの精鋭部隊は最初は48人から始まりドンドン減っていき36人も土に帰ってしまった。そしてグランツも居なくなったと考えるともう11人しか居ないことになる・・・。こう考えると怖いな。それほどの精鋭部隊でも彼らは単なる人間であり、気まぐれに戦場で塵となってしまう。今は自分たちは少なくとも平和な時代で暮らしている。それに感謝だ (-.-)7

 ↑ 不明
 いや、12人しかあのミサイルに詰め込めなかったんじゃないかな?残りは後方で待機していると思う。

不明
安らかに眠れ、グランツ。(RIP Grantz)

不明
次のエピソードは存在Xに後押しされている人 vs 存在Xに後押しされている人ってことだよな。どっちにしても存在Xが勝ったな。

f:id:anihon:20170318180416j:plain

 ↑ 不明
 本当かな?存在Xは自分を信仰させようとしているのだからターニャをやってしまったら意味が無いと思うよ。つまりアンソンは真に存在Xを信仰しているにもかかわらず信仰していないターニャの為に容易く使われるということだ。このアニメで一番可愛そうなのはアンソンかもしれない。

不明
まさに終わりの始まりだ。これまではターニャにとって完璧過ぎた。残り2話は激しい戦いになるだろう。

不明
今のところターニャはフルゴッドチートモードに入ってるようなキャラなんで負ける気がしない。一度コテンパンにやられて欲しい。

不明
なんでグランツが死んでからグランツ × ヴィーシャのを流したんだ・・・。

f:id:anihon:20170318181438j:plain

 ↑ 不明
 残酷な・・・。

不明
あの潜水艦エピソードをみる限りグランツには生きていて欲しい。彼は鉄の意思を持っているようだ。

f:id:anihon:20170318192116j:plain

f:id:anihon:20161118161717p:plain 男性 カナダ
このアニメはアクション、コメディー何でも面白いな。お気に入りだ。

不明
面白いエピソードだった。

不明
そして残り2話しかない ;_;

シェアする

フォローする

関連記事

『海外の反応「幼女戦記」第10話「勝利への道」』へのコメント

  1. 名前:あかさたなは 投稿日:2017/03/18(土) 22:15:17 ID:5bc52b638 返信

    前回のV1使った時点でWWIIレベル
    ですからね
    それに火炎放射器は視線のひらけた場所で
    使うものでないような気がしますよ
    燃料背中にしょっているのでは短銃の
    弾1発で致命的でしょう
    動きがにぶい、射程が短いと戦車に
    同伴するような兵種ではないと思う

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2017/03/18(土) 23:48:15 ID:a54c8c5b3 返信

    存在Xの見えざる手が動いているんだよ

  3. 名前:名無しさん 投稿日:2017/03/19(日) 00:02:52 ID:0d8bac337 返信

    火炎放射器を見て、FarCry3をプレイしたのを思い出した。
    確か発明したのはドイツ人だったとか。
    凶悪な武器だよね。

  4. 名前:おっさん 投稿日:2017/03/19(日) 01:07:53 ID:49d531203 返信

    >III号戦車を作れる技術があるならば
    >戦闘機も作れるだろうしそうなったら
    >魔道士なんていらないんじゃないかな。
    いやあ戦闘機作って訓練させるよりも
    魔導士増やした方が便利だと思うな
    戦闘機並の空中戦闘+兵士として敵地の
    破壊工作も出来るから、ある意味兵士と
    戦闘機の良いところを持っている気がする
    個人的には魔導士が市街地戦に持ち込んで
    戦うところが見て見たい
    空中戦も良いんだけど、遮蔽物を利用して
    隠れながら戦う所もリアルな戦場な気がする

  5. 名前:  投稿日:2017/03/19(日) 04:34:09 ID:ff75fa4f5 返信

    火炎放射器は掃討戦や塹壕・トーチカ・戦車に対して使うものだから、あの戦いは正しく掃討戦だったんだろうね

  6. 名前:bekki 投稿日:2017/03/19(日) 05:03:31 ID:807ac22df 返信

    火炎放射器は疫病発生させないためじゃないのかな?
    ついでに死んだふりを簡単に発見できるよ

  7. 名前:hourai 投稿日:2017/03/19(日) 08:59:31 ID:468eac011 返信

    魔導師は先天的な才能に左右されるから数が増やせない
    宝珠も希少資源を湯水のごとく使うせいで戦車の生産ラインを圧迫してる場面すら出てくる
    大戦後半だとマトモに飛べない程度の兵士ですら無理やり魔導兵に仕立て上げるくらいの希少価値
    航空機より希少価値高いからなかなか大規模編成できないのよね
    魔導反応出させて混乱させる役目を孫が居る年齢の老人にやらせるくらい枯渇してる

  8. 名前:名無しさん 投稿日:2017/03/19(日) 11:34:41 ID:7f3739b47 返信

    結局、戦闘機とか戦車とかの方がコスパも整備性も良いから、戦後は魔道士は兵科としては残ってないというね。
    戦後は軍の特殊部隊の一部として使われてるらしい。

  9. 名前:なお 投稿日:2017/03/19(日) 13:28:16 ID:b5cc56a55 返信

    火炎放射器は残敵掃討時に、敵の意思をこれほどくじく武器はないでしょう
    抵抗しても、即死はせずに、苦しんでからのむごたらしい市が待ってるんだからこれほど恐ろしいことはない
    だからこそ、ww1のときドイツは使いまくった
    徴兵なんかで来た兵士は即降伏を選択すると思うよ
    殺傷力の高さだけを、競ってもしょうがない
    FPSじゃないんだからさ

  10. 名前:Q 投稿日:2017/03/19(日) 18:28:15 ID:cd8438162 返信

    V-1と言っても実物のようなパルスジェットじゃなくて液体燃料ロケットだしな
    でも正確に直進(するだけ)用のジャイロの技術は高いようだが
    III号戦車、それも60口径50mm砲にトーションバー式サスペンションのやつは技術進みすぎ、せめてリーフスプリング式で37mm砲搭載の極初期型にしろよ
    本当は多砲塔戦車ノイバウファールツォイクとか出して欲しかったが

  11. 名前:名無しさん 投稿日:2017/03/19(日) 19:37:01 ID:a655269d6 返信

    アニメだと作画と演出の都合が絡んでくるんで原作ともまた違う
    ただ魔導師という兵科があるせいで、他の兵科まで現実世界とまた違う進化を遂げているのが面白い
    ついでに言うと、どっかの幼女が未来知識による最適解で大戦果を挙げるせいで対抗する側も進化速度が上がってたりする

  12. 名前:  投稿日:2017/03/20(月) 03:23:34 ID:bc153477d 返信

    ぶっちゃけ
    幼女が主人公は方便みたいなもんだ
    作者が末期戦を書きたくて書いた作品だし
    最終的には人間尊厳レベルまで蹂躙されるのは確定してるわな