海外の反応「サクラクエスト」第6話「田園のマスカレード」

シェアする

あらすじ
国王のところに、間野山をロケ地に映画を撮りたいという依頼がきました。間野山を知ってもらうチャンスです。やってきたロケ隊と一緒に撮影場所をまわる国王たちでしたが、いつの間にか台本が変わっていました。人情モノだった作品がいつの間にかホラーモノになっていました。ドンドンわがままな監督に振り回されてしまいます。その他にも行き当たりばったりなことが次々と起こります。ドタキャンしてしまった女優の代わりを、ちょうど良いと合点大臣にお願いしたら、なぜか逆に怒られました。IT大臣は合点大臣に「みっともない」と言って去って行きました。ヒロインの娘が個人的にはとってもタイプです。
脚本:入江信吾 コンテ:平牧大輔 演出:平牧大輔 作画監督:福井麻記

http://sakura-quest.com/story/06.html

Sakura Quest Episode 6 “The Rural Masquerade”

不明
メ、メタい・・・。

「魔の山を舞台にした人情ものかぁ」

不明
騙した後のガッツポーズが可愛い。

 ↑ 男性
 まさにギャップ萌えだ。

 ↑ 不明
 うまく騙していたな。しかしチュパカブラまんじゅうはネットで売れそう。

不明
ちょいワル凛々子が好き。

不明
なぜしおりはあの家を燃やすことに消極的なんだ?

 ↑ 不明
 恐らく古い友人との良い思い出があるから・・・とか。

 ↑  女性 カナダ
 自分の持ち家だからとか?いや、それだったら普通に反対するわね。

不明
このディレクターは馬鹿のように思える。

男性
しおりの消極的な反対の仕方がもどかしい。抱きしめたい。

男性 アメリカ ニュージャージー州
この即死亡フラグ立て、即死亡が面白すぎる。絶対C級映画だな。

不明
このエピソードで一番面白かったのはB級ゾンビサバイバル映画と思われるもので、メインの俳優の微妙にうまい演技と下手すぎる脚本は面白かった。

不明
このシーンはちょっと笑った。

「でもセミは食べなかった!」

 ↑ 男性

 ↑ 男性
 セミを食べないだけでこんなに苦しむ人が今までに居ただろうか。

男性
なんだか花咲くいろはを思い出すなぁ。

 ↑ 不明
 同じ。

男性 アメリカ カルフォルニア州
良くなってきたと思ったら終了した。このアニメは引きが下手だ。

不明
真希が突然情緒不安定になったのがやるせない気持ち。露骨にプロットに突き動かされているような。

男性 ロシア
全体的には真希と彼女自身の戦いに焦点が当たっていた。真希は演技を愛していたが、自分がそれに十分な力をいれていたとは思っていないようだ。花咲くいろはを思い出したことは言わなければならない。あのアニメほど酷くはならないで欲しい。

男性 ドイツ
うーん今のところ面白さがわからない。これから面白くなっていくのか?2クールだから期待してはいるが・・・。

シェアする

フォローする

関連記事

『海外の反応「サクラクエスト」第6話「田園のマスカレード」』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2017/05/12(金) 12:51:27 ID:ec8bce1fd 返信

    テレビは役者にも演技どうこうよりも、バラエティー受けするキャラクターを求めるからな。無理して女優目指すよりは劇団でやってた方が良かったんじゃないか。どうせドラマもアイドルやモデルの展覧会だし、演技なんぞ求めてないのよ。

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2017/05/12(金) 18:27:32 ID:6d7e4740b 返信

    登場時すれてるような印象だったな
    役者の道に挫折して里帰りして観光促進事業に関わって楽しくなってきたところで映画撮影という形で再び挫折した夢が目の前に現れる
    気持ちが沈むのもわからんでもない

  3. 名前:名無しさん 投稿日:2017/05/26(金) 21:16:19 ID:cb27b441a 返信

    今回は焦らし回と言うかフラストレーションを溜める話だった。次回どんでん返しで楽しくならないと不満に思いそう