海外の反応「魔法使いの嫁」第7話「Talk of the devil, and he is sure to appear.」

シェアする

たなびく漆黒の毛並み、
燃えるように赤い目をしたその犬は、
チセのことをイザベルと呼んだ。

教会からの最後の案件は、
とある墓地に現れた黒妖犬(ブラック・ドッグ)の検分。
だが、見定めるべき彼の助けで
チセはからくも難を逃れる。

一方、レンフレッドの弟子アリスもまた、
黒妖犬(ブラック・ドッグ)を手に入れるべく動き出していた。

Mahoutsukai no Yome Episode 7 “Talk of the devil, and he is sure to appear.”

女性 カナダ
チセが簡単な魔法が使えるようになっていて驚いた!確実に成長しているのね・・・。

 ↑ 不明
 魔法と言うよりは錬金術っぽいな。

男性
チセはいつもあらゆる種類の可愛い生き物たちを集めているようだ。

 ↑ 不明
 あのトカゲがまた再登場していて笑った。

 ↑ 男性
 ディズニーのお姫様かなにか?

  ↑ 不明
  歌を歌い始めたらまんまだな。

不明
チセ!その睡眠薬を自分にもくれないか・・・?

 ↑ 男性
 軍や警察がこぞって駆けつけてきそう。

 ↑ 不明
 自分が不眠症気味だから使ってみたい。

男性 アメリカ ニューヨーク州
誰かが「キメラ」と言ったようだが・・・。

 ↑ 不明
 赤毛とか似ている要素があるな。

 ↑ 不明
 帰ってください。

  ↑ 不明
  あの犬と一緒にな。

男性 コロンビア
ナイス、このエピソードは素晴らしい。なぜかってチセが捕まって助けに行く展開じゃないからだ。

 ↑ 不明
 今までの危機は全てそれだったもんな・・・。

 ↑ 不明
 捕まるよりよっぽど深刻だけどな。

不明
うおおお!これがエリアスの本当の姿なのか?めちゃくちゃかっこいい!なんかメタルバンドのアルバムジャッケットみたい。

彼が人間に共感できないと言っていたのはこの際横においておこう、彼は間違いなく怒っている。その姿で些細な問題はゴミ箱に入れてくれることを願ってるよ。

 ↑ 男性
 エリアスはウェンディゴ(インディアンに伝わる精霊)に凄い似ているな。これは有名だ。

 また、ウェンディゴの特徴として皮膚に骨が浮き出るようなガリガリの姿がある。

 またしばしば脊髄が露出したような姿になることもある。


 ウェンディゴはアルゴンキンの民間伝承から来ていて、幾つかの神話の下では飽くなき貪欲に飲まれた元人間であるとされる。
 それで彼らはいつも飢えており、何かを食べてもずっとガリガリなんだ。エリアスにも少し関係してそうな気がする。

  ↑ 不明
  エリアスはウェンディゴというよりスラブ神話に出てくる森の神っぽいと思ったけどなぁ。

   ↑ 男性
   レーシーのことを指しているのかな?レーシーは確か子供を拉致すると言われている。- 拉致するのに奴隷オークションでわざわざ買うか・・・?
   外見は確かに似ている。

男性 ドイツ
そりゃ500万ポンド(7億5000万円)で買ったものが破壊されたら怒るよ。

 ↑ 不明
 さあさあ、旦那様!よくわかったでしょう、こういうときのために保険が重要なんです!月々の支払いは・・・。

男性 アメリカ テキサス州
ホーリーシット。エリアスの本当の姿はめちゃくちゃかっこいいじゃないか!

 ↑ 不明
 理性とか思考はちゃんと残っているのだろうか・・・。

不明
エリアスの怒っている姿が怖すぎる・・・。次はめちゃくちゃに暴れてくれそうだ。

男性 オーストラリア
とりあえずエリアスを絶対に怒らせてはいけないということはわかった。

不明
さあエリアス、存分に暴れまわれ!

不明
来週は敵がめちゃくちゃにされるかうまく躱すかの二択になりそうだな。

 ↑ 男性
 敵の余裕綽々ぶりを見ると後者になりそう・・・。

男性 イギリス
敵は思った以上に強そう・・・。
変身しても全く動揺していないし・・・。

 ↑ 不明
 実はエリアス目的だった!とかだったら最悪だな。

不明
エリアスの怒りから、エリアスがどれほどチセを想っていたのかということがよくわかったよ。次のエピソードが待てない。

男性
あの怒ったエリアスでさえ制御できるのなら、教会とやらはすごすぎる。

シェアする

フォローする

関連記事

『海外の反応「魔法使いの嫁」第7話「Talk of the devil, and he is sure to appear.」』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/19(日) 10:02:37 ID:0c4e28d10 返信

    普通にウェンディゴの絵が怖くて震えた

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/19(日) 10:11:15 ID:fbd728747 返信

    エリアスのモチーフ候補に二つも行き着くんだから、こういう海外の目は侮れない。

    美術室に転がってるデッサン用のモチーフが元ネタかな?とか思ってたポンコツは、大人しくしてまス。

  3. 名前:名無し 投稿日:2017/11/19(日) 12:10:01 ID:4e93f222b 返信

    ウェンディゴと聞いたら死霊のはらわた思い出して笑ってしまうw

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/19(日) 13:40:05 ID:41730968a 返信

    原作者は宮崎駿が好きなんだなということは分かった
    駿ファンってみんなトトロに行っちゃうんだけど
    暴力的な方もやっと出てきたんだな

  5. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/19(日) 16:03:29 ID:3b52987d2 返信

    捕まる(そのくくりも微妙だけど)ってカテゴリーするなら色々種類分けられると思うけどそれらをまとめて捕まる展開が多いってことなんだろうか

  6. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/19(日) 20:46:21 ID:58e812335 返信

    教会ごときが管理できる相手じゃないと思っちゃうけど、
    やっぱり西洋では逆に教会凄いってなるのが面白い。
    生きてる人間や動物をいたぶるという事はこいつも人外か。

  7. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/19(日) 22:31:50 ID:4970f9376 返信

    脊髄バージョン、これすげークルな。
    海外のホラー絵ってあんま怖く感じないんだが、これは怖いわ

  8. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/20(月) 01:41:10 ID:5f2dc260c 返信

    アリスの、口は悪いけど可愛げのあるキャラはけっこう好きだな
    今回は唐突なデフォルメパートが無くてスッキリ見れた
    なるべく、こんな感じでお願い

  9. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/20(月) 13:34:13 ID:f6f8ba711 返信

    気味が悪い、というコメント殺到かな?と思いきや、「かっこいい」コメント多くて驚いた。

  10. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/20(月) 19:04:48 ID:db6592d5f 返信

    イギリスにも同じ系統のがいるがな。ウェールズのMari Lwyd(マリ・ルイド)。
    クリスマスや大晦日に各家を訪ねて祝福を与えて酒をもらう精霊。
    原作者もこれを意識していると思う。グッズに使ってるイラストでチセがエリアスに手綱をつけて引張ってるのがその衣装だった。

  11. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/21(火) 02:36:50 ID:ac4d10936 返信

    骨系のモンスターは大抵かっこいい

  12. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/21(火) 08:10:24 ID:bfc08a9d2 返信

    エリアスの理知的で落ち着いた声からは、ここまでビーストなへんげを遂げるなんて予想できんかった
    エヴァや進撃の、怒りの超覚醒と似たようなもんやね
    大迫力でゾクゾクしてしまった

  13. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/21(火) 13:13:21 ID:39905a491 返信

    オーディンスフィアのガロンを思い出した
    元ネタの方向が同じなんだろうな

  14. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/22(水) 00:55:49 ID:be1493a55 返信

    なんかアニメの脚本か監督のセンスのせいか、
    場面展開が微妙にテンポ悪く感じるな。

    いきなり・無理やりな急展開が多すぎるように感じる。
    原作読んでてもそれほど感じなかったったんだけどね。

  15. 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/23(木) 14:35:43 ID:e2d66e4f8 返信

    人物やら異形やらより黒犬や猫の作画の方が難しいんだが
    エリアス変形に全部持ってかれたか・・・w

    英国舞台なのに金モザみたいな聖地発見ネタは出ないのかね?

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/11/26(日) 15:39:58 ID:927d11dbb 返信

      異形は非実在だから骨格とか余り気にしなくていいからな…

  16. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 13:50:58 ID:43c2ef92c 返信

    サバトが元ネタじゃないのか