海外の反応「少女終末旅行」第9話「技術」「水槽」「生命」

シェアする

まだ所々電灯がついている薄暗い場所をケッテンクラートに乗って進んでいたチトとユーリ。
そんな中、チトが地面に何かが打ち付けられるような音に気がつく。警戒しながら音の正体を探ろうとする二人。連続して聞こえるその音は徐々に大きくなり、次第に地面も音に合わせて振動を始める。暗闇の中から目の前に現れたのは長い足を持つ巨大なロボットだった。ロボットはチトとユーリの眼前を通過し、また暗闇の中へと消えていく。

Shoujo Shuumatsu Ryokou Episode 9

男性
ユーリがたまに発する疑問がすごく子供っぽくて好き。

 ↑ 不明
 ユーリはまるで「何で?何で?期」の子供のようだな。それが良い。

男性 アメリカ サウスカロライナ州
もしかしてロボットが鳴らしていたコードはモールス信号かな?

 ↑ 男性
 そう思ったな。誰かモールス信号を読めるやつを読んでこい。

不明
ユーリが「ごめんね、でかい奴」と言った時少し泣きそうになった。本当に良いアニメだ。
ブラボー。


男性 イタリア
少し悲しいエピソードだったな。結局ロボット同士は何を話していたんだろう。

 ↑ 不明
 あのロボットは恐らく完全にバグっていた。

不明
あの大きいロボットのために悲しいと感じる・・・彼は何も、悪い意図は持っていなかった。

男性 ブラジル
>「“生命”って終わりがあるってことなんじゃないかな」

恐らくこれが全てだろう。興味深い結論だ。

 ↑ 不明
 その言葉、すごく神道っぽい。

不明
なぜかは分からないがこのエピソードに何か感情的なものがあるような気がした。人生、共感、地球、魚、ロボット・・・。かなり不気味だが。

男性 アメリカ ミネソタ州
雰囲気が最高のエピソードだったな。

男性 アメリカ テキサス州 サンアントニオ
すごく美しいエピソードだった。全てが完璧だった。このアニメは俺の魂への薬のようだ。

不明
このエピソードは多くのシーンが大好きだった。全てお気に入りだ。

男性 オーストラリア
このエピソードは独立した短編映画っぽかった。本当に素晴らしい。

 ↑ 不明
 それは思ったな。特に最後の黒いクレジットロールは非常に映画っぽかった。

男性 ドイツ
ホーリーファック、なんて素晴らしいエピソードなんだ。
哲学、音楽、効果音、全て信じられないほど良かった。

男性 アメリカ カルフォルニア州
早くこのアニメのサウンドトラックを買いたいと思ったエピソード。

 ↑ 不明
 まだ発売していなかったっけ。

  ↑ 男性
 12月20日発売だったはず。

不明
あのロボットは梶裕貴だったのか!

男性
EDの音楽がすごく良かった。何ていう曲だろう。

不明
すごく優れたエピソードだった。素晴らしい音楽と効果音をよく使えている。

男性
オールハイルユーリ神!

 ↑ 不明
 彼女を崇拝せよ。

不明
なぜかは分からないが『Nier:Automata』っぽい感じがした。輝かしきエピソードだ。

男性
このエピソードのタイトルは「アンドロイドは電気魚の夢を見るか?」が正しいな。このエピソードに偏在する存在を考える方法が大好きだ。
このエピソードではなぜ彼らの世界が終わったのか再び疑問に思った。この人類はあれ程の人工知能を作り出し、自然を管理できるほどの技術を得ていた。資源が枯渇して戦争でも始まったんだろうか?

男性 スウェーデン
これ全何話?12話で終わらせていいアニメじゃないだろ。

 ↑ 不明
 情報によると全12話だな。

 ↑ 男性
 漫画もまだ残っているしなぁ。

不明
このエピソードは最終回に持ってきたほうが良いような気がしてならない。

不明
すごく好きなエピソードだ。最初から最後まで好きだった。

男性 アメリカ マサチューセッツ州
なんとも言えない雰囲気が漂っていたエピソードだった。すごく映画っぽかった。

シェアする

フォローする

関連記事

『海外の反応「少女終末旅行」第9話「技術」「水槽」「生命」』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 16:38:08 ID:55fb832e0 返信

    数週前に原作全部買って先読みした時はこれが最終回に来ると思ってた。
    この話は『少女終末旅行』の多くのエピソードの中でも一番動的で、感動的で、この作品の主題をシンプルに表してる。僕の中では間違いなくベストエピソード

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 20:53:37 ID:d0101125c 返信

      最終回はたぶん二期に繋がるような前向きなエピソードを持ってくると思う
      アニオリかも構わないので、ぜひそうあってほしいと思う

      • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 06:06:00 ID:137247fd7 返信

        アニオリやるなら是非やってほしいね。僕としてはこの話もカナザワの話も十分に前向きなエピソードだとは思うけど。それこそ「月光」みたいな底抜けに楽しいエピソードがもう一つくらいあっても良いかもしれない
        ただ作る側からすると難しいだろうね、なんせ登場キャラ2人しかいないし。あと、作品の根底にある終末感というか、それだけは忘れないでほしい。

  2. 名前:なお 投稿日:2017/12/02(土) 16:50:52 ID:3f2b4f0cc 返信

    生命の定義とか、また難儀なモノを…

    おそらくこの世界での人類種はほどなく滅びるのだろうね
    そのとき最後の人類達はなにを考えていたのか…
    過去に絶滅していった動物なんかも最後の一匹はなにを思ってたんだろうな

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/04(月) 11:35:35 ID:24b9c36af 返信

      「何?」 というのを 「定義」 と考えるのはよくないことだぞ。

  3. 名前:メメントモリ 投稿日:2017/12/02(土) 17:21:55 ID:e4c6fd9c1 返信

    古代や現代の人々が意識したのとは違う、もっと大きな括りで”生命”に終わりがあることを意識させるような話だった。
    今までもずっと終末を旅しているけれど、今回はぐっと”終わり”が近くに感じた。

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 18:23:13 ID:2240b62f3 返信

    水槽を「海」と表現するのは、生命の生まれた母なる海、つまりは生命の暗示。
    機械のバグと進化と破滅を混ぜ込んで、壊れた瓦礫が水槽を汚していく様子。
    そして破壊。
    ここに書ききれる情報量ではないけれど、全体を通して一貫した生命観を感じた。
    一部分も無駄なシーンやセリフはなかったし、伝わってくる内容は全て文章化出来るほど鮮明だった。
    ここまでテーマ性が強いのに、それに関した言及がほとんどないようで、少し残念だった。

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 05:08:15 ID:e81f86b3f 返信

      君の価値観は尊重する
      ただ君が言及しているそのテーマが、
      他の人にとっても興味深いとは限らないよね

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 06:17:00 ID:5b9a1ba4e 返信

      君の価値観なんぞどうでもいい

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 11:02:28 ID:ab512e861 返信

      何百何千もあるコメントから、たまたま管理人が抜き出した少しばかりのコメントを見て言及がないとか偉そうに語っちゃう
      君の頭の中が残念

  5. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 19:49:29 ID:f67652d2a 返信

    重要なところは温水管のしたで寝てた二人の寝方だから
    完全にレズの寝方

  6. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 20:48:56 ID:d55e47266 返信

    大型ロボットを破壊したシーンは痛々しかったし必要なかったのでは?
    今回はあの魚と小型ロボットだけでも充分内容のある話だったと思う
    バグで暴走してたから?壊すのは「仕方なかった」かもしれないけど「仕方なかった」とかお互いに言い合ってぶっ壊し合いを続けた挙句がこの終末世界のように思うし
    見終わった後も、なにか引っ掛かるような気分だった

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 04:44:34 ID:0d5cf097d 返信

      そもそも人類や他の生物が消えた理由が現時点の作中で判明してないのでだから滅んだみたいな説教じみたことをことを言うのは完全に筋違い
      そして今回は生命の定義だけでなくバグと進化、破壊と創造もテーマだし小型ロボットと魚だけでは浅い

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/04(月) 06:53:57 ID:093fac503 返信

      「大型機械を壊す必要が無いのに壊す」ことがこの話の核心だと思う
      この生産設備がもはや不要のものであるのだから壊すことは問題もないし
      魚は食料として生産されたものでユーリの望みどおり食べればいい
      本来の目的を逸脱してるのは魚を世話してるAIで目的を考えれば壊れてるのはそっちだ
      でも魚を助けて大型機械を壊す決断をする
      それは合理的な判断じゃない

      生命ってなんだろう?
      魚は確かに生命だけど、食料として生まれた人工物でもある
      AIは共感能力をもつけど、大型機械より魚の命を優先する
      大型機械は単純な機械らしい機械、だけど壊すことに罪悪感を覚える
      何が生命でどれが機械なのか、何が正しくて誰が間違ってるのか
      引っ掛かりを覚えることこそ大事な話

      • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/05(火) 23:06:36 ID:302590442 返信

        思いっきり浅薄なご意見だとおもいます。

  7. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 20:49:16 ID:d0101125c 返信

    >アンドロイドは電気魚の夢を見るか?

    まさにそれ
    この作者絶対ディックとか好きだろうと思うわ

  8. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 21:07:22 ID:4686ccd18 返信

    書いてる人もいるが本当に映画一本見せられたみたいな話だったなw

  9. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 23:00:10 ID:e50b0ac18 返信

    神回である。
    梶くんの落ち着いた演技がまた新鮮で切なさを醸し出してたな。

  10. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 23:37:20 ID:c9e9ebf80 返信

    このアニメはダラダラながら見してたんだけど今回は完全に引き込まれたわ
    マジで短編映画見た後みたいに満足感あった

  11. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 23:52:12 ID:d3e6074d9 返信

    このアニメって、こんなアニメだったっけ?ってなった回だった。
    急に筋書きに「目的」ができたみたいに展開した。

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 03:26:11 ID:6d975d51e 返信

      アニメの3の倍数回(単行本だと後ろ3話分)は物語の根幹となるテーマの話や世界観が明らかになる話になってるよ。

  12. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/02(土) 23:56:45 ID:9b8e77934 返信

    こうやって都市は崩壊を続けるんだな

  13. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 00:43:21 ID:8a56aa27b 返信

    水泳について語り合いに来たのに

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 01:58:32 ID:e4d994b46 返信

      You 語っちゃいなよ

  14. 名前:名無し 投稿日:2017/12/03(日) 02:10:56 ID:e5d9245fc 返信

    アニメ版の火の鳥とは真逆の生命観だな。
    火の鳥のラストのモノローグが「終わらないもの、それが命」だったからな。

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 08:06:30 ID:152d7f2ac 返信

      まあ大きな視点で見れば命は次世代へとバトンを渡し続けるからな

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/04(月) 18:57:48 ID:0d9d7f063 返信

      火の鳥のは種そのものについての生命観で、今回のは個々人についての生命観だから
      まあ相反はしてないと思うよ

      火の鳥のそれも、世の無常を散々書いてその結論ってことは
      「(個々には必ず終わりが来るが、種族そのものは続いていくので全体としては)終わらないもの、それが命」って事だろうし
      そうでないと次世代へ継げずに終わった人が命でなかった扱いになってまうもの

  15. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 02:16:18 ID:9c5e49099 返信

    演出が土屋浩幸の時は風呂や水浴びでサービスシーンの回になってるな

  16. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 07:06:54 ID:b6311237c 返信

    溺れてる人を助ける時は、前から近づいちゃダメだよ。しがみ付かれて一緒に溺れちゃうから。
    後ろから近づいて、両腋に腕を差し込んで仰向けにするんだよ。
    まあ、それはともかく、こういう力の入ったエピソードの後は、次の回の作画がヤバくならないか心配。

    • 名前:なお 投稿日:2017/12/03(日) 09:48:34 ID:a22f9846b 返信

      ユーリ「だと思って動かなくなるのを待ってから、ちぃちゃんを助けた…」

      まさに外道!!

  17. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 14:19:19 ID:b182bde81 返信

    今回すごく評価高いけど俺はユーリの裸が印象的回としか感じなかった。いつもの回だとしか思えなかった。みんな深いな。

  18. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 15:10:56 ID:d2fa665cc 返信

    あいつら全裸とチトの下着に興奮してたんだろ
    あえて避けてやがる。恥ずかしがり屋さんめ

  19. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/03(日) 20:25:28 ID:b6311237c 返信

    2人が来たのと、大型ロボが暴走したタイミングが同じなのは偶然なのかな。
    案外、「人間が来た」→「周囲の環境は人間が生活できる状況ではない」→「人間が生きられる環境に作り替えるべし」
    というロボット3原則第一条に従ったんだったりして・・・

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/04(月) 12:20:54 ID:3a65d8f7c 返信

      暴走はしてないだろ

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/04(月) 19:54:13 ID:ec8372e91 返信

      一番のキモの話なのに何を見てたんかね

    • 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/04(月) 20:16:55 ID:8d46c0819 返信

      そうならそうと小さい方に伝達するんじゃないか?
      人間が来たことを考慮して工事するというなら、先ずその人間を安全の為に退去させると思うが
      まあそういう意味ではバグってたのかもな

  20. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/04(月) 20:10:30 ID:8d46c0819 返信

    楽園追放を思い出した
    人間が居なくても生きている人間のような機械・・・
    こういうのって何か上手く言えないが、大変好き

  21. 名前:名無しさんんんん 投稿日:2017/12/05(火) 04:34:49 ID:71e8f87a9 返信

    ゴジラがジェットジャガーの盾になって庇うところを思い出したな
    あのシーンに似てる

  22. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/05(火) 18:15:26 ID:f9c07fa32 返信

    ユーリはグラマーな野生児、
    チーちゃんは人間的な機械に異性の視線や恥じらいを感じてしまう女の子ちゃん…(with幼児体型)

    静かで優しい、だけど着実な滅びへの時間の中で、
    ユーと魚がまるで会話してるようなシーンが一瞬、暖かいモノを生み出していて印象的だった

  23. 名前:名無しさん 投稿日:2017/12/12(火) 14:15:39 ID:ef1aab7b9 返信

    プールでチトを抱えるユーリの図、天才的な二面性だな
    かたや命の泉から生まれいで、かたや死の泉で死神に召し上げられている